アメリカ入国に必要なESTA(エスタ)の取得方法

エスタ申し込み代行

ESTA(エスタ)を申請したのに入国拒否!?

[PR]フライト直前でもOK!エスタ申請代行サービス

ESTA(エスタ)を取得したのに入国拒否を受けました。どんな理由がありますか?

ESTAの登録情報に不備があった場合が想定されます

 

ESTA(エスタ)に登録された情報に不備があった場合、または米国移住局があなたについて拒否的な情報を有していることが想定されます。
その過去の経歴とは、

  • 過去のビザ申請却下歴
  • 逮捕
  • 犯罪歴
  • 不法滞在歴

 

またESTAの登録情報に不備があった場合が想定されます

 

間違った情報を送信したために入国を拒否されたケースは幾つもの事例が報告されています。

 

ビザ申請を成功させるためには、今回アメリカ入国を拒否された理由を理解し、それを補うための適切な内容の申請をしなおすことが必要となります。

 

ビザ申請の却下は深刻な問題であるため、一度目の申請で成功させましょう。一般的に却下されてからまもない申請が成功する確率は低いと言えます。また申請却下の回数を重ねるたびに、「米国に滞在するに相当しない」という判断がされ記録が米国当局に残り、あなたがビザを取得する確率はさらに低下します。

 

そのためESTAの登録やビザの申請は間違えや不備の内容十分ご注意の上申請してください。

初めての方でも安心サポート!
ESTA登録申請代行サービス
http://www.americaesta.com/

知って得する


ホーム ESTAとは 登録代行 知って得する 広告出稿