アメリカ入国に必要なESTA(エスタ)の取得方法

エスタ申し込み代行

I-94出入国記録カードについて

I-94/I-94Wとは?

有効なビザを持って渡米する外国人訪問者はI-94に、またビザ免除プログラムによりビザなしで渡米する外国人訪問者はI-94Wに記入します。
利用航空 会社・船会社が配るカードを米国の入国地で入国を申請をする際に、国土安全保障省の税関・国境警備局審査官に提出しなければなりません。
審査官は、カードの下半分を切り離しパスポートに添付します。パスポートに添付 された半券には、米国の入国日と可能滞在期間が記されています。
米国を出国する際には、通常、チェックインカウンターで、利用航空会社・船会社の職員によ りパスポートからI-94またはI-94Wが回収されます。
回収されない場合、旅客の米国からの出国が米移民局に登録されないことになり、次回米国への入 国を申請する際、ビザが取り消されたり、米国への入国を拒否されたりする可能性があります。
特に、ビザ免除プログラムによる訪問者が許可された期間を超え て米国に滞在すると、その後はビザの取得なしに米国に再入国することは許されません。
この様な状況の中で、ビザ免除プログラムによりビザを持たずに米国の 入国地に到着した場合には、米国移民審査官が米国への入国を拒否する可能性があります。訪問者は、米国を出る前に、半券を利用航空会社・船会社に渡すこと を忘れないよう注意する必要があります。

まだI-94/I-94Wを持っています。どうすべきですか?

米国の法律により、米国へのすべての旅行者は、米国を出る前に、当該当局にI-94またはI-94W出入国記録カードを返却しなければなりません。
返却が ない場合には、入国の際に許可された期間内に米国を出国したという正確な記録がないため、国土安全保障省が入国時に認められた期間を超えて滞在したと判断 する可能性があります。
まだI-94またはI-94Wを持っている場合には、各自の責任のもとに当該当局に提出しなければなりません。これにより、出国記録が訂正され、その後の渡米に不都合が生じることを防ぐことができます。
I-94/I-94Wカードの裏側に、米国の出国地・出国日ならびに搭乗便名・乗船船舶名を記載し、状況説明の英文の手紙と米国出国の証明を添えて、下記の宛先に郵送してください。
送付先は下記住所のみです。大使館または領事館には郵送しないでください。大使館または領事館には記録を更新する権限がありません。
ACS - USCIS, SBU,
P.O Box 7125,
London, KY 40742-7125,
USA

米国からの出国を証明するためには、何が必要ですか?

証明には多種多様なものが考えられます。例としては、以下の様なものが挙げられます。
米国出国の際に使用した搭乗券のオリジナル
米国出国後、他の国に入国した記録も含め、パスポート上に押印された出入国スタンプのコピー(写真入り個人情報ページを含め、出入国スタンプが押印されたすべてのページ)。
その他補足書類のコピー:米国出国後に、
- 米国以外の国で就労したことを証明する雇用主からの日付入り給与明細書
- 米国以外の国での滞在や居住を証明する銀行通帳(米国出国後の取引日付が記載されているもの)
- 米国以外の国の学校に在学したことを証明する在学証明書
- 米国以外の国に滞在または居住していることを証明するクレジットカードの利用明細書(米国出国後に利用した日付および名前が明記されたもの。ただし、カード番号は削除すること)
判読可能なコピーまたは可能であればオリジナルを、英語の説明文を添えて送ってください。オリジナルは返却されませんので、控えのコピーを必ず取っておいてください。

 

I-94に関する問題は、書面で下記の税関国境警備局にご連絡ください。
Customs and Border Protection
1300 Pennsylvania Ave
Room 5.4.D
Washington DC 22209

知って得する


ホーム ESTAとは 登録代行 知って得する 広告出稿