アメリカ入国に必要なESTA(エスタ)の取得方法

エスタ申し込み代行

忘れると搭乗できません! 客室乗務員ら「ESTA」をPR 成田空港

ビザなしで短期滞在で米国に入国する際、事前にインターネットで申請して承認を受ける「電子渡航認証システム(ESTA)」が来年1月12日から導入され、申請が義務化されるのを前に、日本航空や全日空の客室乗務員らが18日、成田空港を利用する旅行客らにリーフレットを配り、新制度をPRした。

 

ESTAの対象はビザなしの90日以内の短期滞在者。専用のインターネットのサイトに住所、名前、逮捕歴の有無などを記して申請し、問題がないと判断されれば承認されるシステムだ。平成13年9月の米中枢同時多発テロを受けて制定された米国法に基づき導入される。米当局は渡航の72時間前までの申請を推奨している。

 

外務省などがホームページで紹介しているものの、現状では大半の旅行者が新制度を知らず、「周知不足だ」として、国内航空会社でつくる「定期航空協会」がPR活動に乗り出した。

 

定期航空協会によると、出発直前の申請では搭乗が認められないケースが生じる可能性もあるという。

知って得する


ホーム ESTAとは 登録代行 知って得する 広告出稿