アメリカ入国に必要なESTA(エスタ)の取得方法

エスタ申し込み代行

ESTAとは/パスポート申請代行センター

アメリカ合衆国の入国制度が大きく変わりました

 

2009年1月12日から、アメリカ合衆国の入国制度が大きく変わりました。観光やビジネスなど、90日以内の短期の滞在が目的で、ビザを取らずにアメリ カへ行く人は、事前にインターネットを通じて電子渡航認証システム「ESTA(エスタ)」への申請を行い、認証を受けることが必要になります。

 

ビザなし訪米にはESTA(エスタ)への申請が必要に

アメリカ合衆国は、テロ防止などの観点から、日本をはじめ、短期滞在のビザ(査証)を免除しているすべての国々を対象に、電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization:ESTA)――通称「エスタ」(https://esta.cbp.dhs.gov/) を2008年8月に導入しました。これは、ビザが免除されている人の情報を出発前にインターネットで収集し、各渡航者についてビザなしで訪米する条件を満 たしているか、保安上のリスクをもたらさないかなどをチェックするものです。このエスタが、2009年1月12日から、本格的にスタートしました。

 

ESTAの申請をしてないとアメリカへの入国や飛行機への搭乗を拒否?

日本のように、アメリカが短期滞在のビザを免除している国々の国民は、観光やビジネスなど90日以内の短期の滞在が目的の場合、ビザなしでアメリカを訪問 できます。ただし、2009年1月12日以降は、ビザなしでアメリカを訪れる場合、事前にエスタで申請を行い、認証を受けることが義務づけられます。単に アメリカで飛行機などを乗り継ぎする場合も同様です。アメリカ政府によれば、事前にエスタの認証を受けていないと、アメリカへの入国や飛行機への搭乗を拒 否されてしまいますので、ご注意ください。
なお、既に、留学ビザや就労ビザなど、アメリカのビザを持っている人は、エスタに申請する必要はありません。

 

ESTA(エスタ)への申請はインターネットから

ESTAへの申請は、自分でESTAのホームページにアクセスし、手続きを行う必要があります。ESTAへの申請の際に料金はかかりません。日本語のペー ジもありますが、入力自体は英語で行います。名前・生年月日・性別、パスポート番号、飛行機の便名やアメリカ滞在中の住所などを入力し、いくつかの質問に 「はい」か「いいえ」で答えます。

 

ESTAへ申請すると、たいていの場合、すぐに、ホームページ上に「認証」「保留」「拒否」のいずれかの回答が出ます。すぐに回答がない場合でも、72時 間以内にホームページ上に回答が出るので、数時間後に再び確認してください。認証が拒否された場合には、アメリカ大使館かアメリカ総領事館でビザの申請を 行う必要があります。

 

認証は2年間有効、申請は余裕をもってお早めに

一度ESTAでの認証を受けると2年間有効です。ただし、2年以内にパスポートの期限が切れる場合は、パスポートの有効期限日をもって認証は無効になります。

 

アメリカ政府は、飛行機などに乗る72時間前までの申請を勧めています。申請自体は、具体的な渡航スケジュールが決まっていなくてもできますので、アメリカを訪れる予定がある人は、それよりも余裕をもって申請しておくことをお勧めします。

 

このページの掲載されている情報には万全を期していますが、法律の改正その他の原因により当事務所の情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責を負うものではありません。情報の利用に関しましては全て最終的に自己責任で行って頂くようお願いします。

 

 

 

あなたでもできるESTA登録申請方法

知って得する


ホーム ESTAとは 登録代行 知って得する 広告出稿