アメリカ入国に必要なESTA(エスタ)の取得方法

エスタ申し込み代行

ラウンジが無料で使える?

空港ラウンジ

ご存じなようにゴールドカードやプラチナカードなどの上位クレジットカードを持っていると、空港ラウンジを無料で使うことが出来ます。しかしそれらのクレジットカードを持つためには1万円以上もする年会費を支払わないと使えないのも事実・・・。そんな費用を払うくらいなら、空港ラウンジを利用するごとにお金を払ったほうがまだお得だって思う方も多いのではないかと思います。

 

そこで今回はそんなクレジットカード年会費も空港ラウンジ利用料もすべて無料という完全無料で空港ラウンジが使えるクレジットカードをピックアップして紹介してみたいと思います。

 

また、年会費が多少はかかってもいいから長く空港ラウンジを無料で使いたいという方のための年会費が格安なクレジットカードや、海外でも思う存分空港ラウンジを使いたいという方向けにプライオリティパス付きクレジットカードも取りそろえてみましたので、併せて検討してみてください。

 

空港ラウンジが期間限定ではあるが完全無料で使える

 

空港ラウンジ

空港ラウンジを無料で利用するためには、空港ラウンジが無料で使えるゴールドカードなどのステータスカードが必要・・・というのはみなさんすでにおわかりですよね。

 

ただネックはやはりその年会費。1万円以上もの年会費を払ってまで空港ラウンジを使うのも、なんかちょっと勿体無い・・・と思うのは、誰しも同じだと思います。

 

そこでお薦めしたいのが初年度年会費無料のゴールドカード

 

初年度年会費無料というのは、わかりやすくいうと加入から1年間は年会費が0円で利用できますよ〜ということ。クレジットカード会社側の立場で言うと『とにかく無料でもいいから1年使ってもらって、うちのカードの良さをわかってほしい!』というのが無料にしている理由なので、気兼ねなく1年間、無料で使わせていただくことが出来ます。

空港ラウンジ3

ここでお気付きになりましたか?

 

そう・・・それって1年間限定ではあるものの、空港ラウンジも無料で使うことが出来るってこと。

 

初年度年会費のステータスカードを活用すれば、年会費も無料、空港ラウンジ利用料も無料という、まさにこれぞ完全無料で空港ラウンジを利用することができるため、これを使わない手はない・・・というわけですね(^^)

 

 

お薦めの初年度年会費ゴールドカード

 

数ある初年度年会費無料のカードの中でも、お薦めは下記の2枚。

 

 

クレジットカード盤面

ANAアメリカンエキスプレス

ダイナースクラブカード

カードの正式名

ANAアメリカンエキスプレス

ダイナースクラブカード
空港ラウンジ 国内主要空港の空港ラウンジが無料で利用可能 国内主要空港だけでなく海外主要空港の空港ラウンジも無料で利用可能
初年度年会費 初年度年会費無料(利用条件)

つまり1年間は無料で国内主要空港ラウンジが使いたい放題。

初年度年会費無料(利用条件)

つまり1年間は無料で国内だけでなく海外の主要空港ラウンジが使いたい放題。

貰える入会特典 条件付きではあるが、比較的簡単に初年度年会費無料の特典を手に入れることが可能。 利用額の条件は付くが高額年会費が無料になる初年度年会費無料キャンペーン中。
特徴 あのシティグループのゴールドカードなため、日本だけでなく世界で使えるゴールドカードです。 ダイナースクラブカードについては最早、説明は不要でしょう。世界中でその高いステータスを発揮します。
カードの公式サイト/申込先 詳細はこちら 詳細はこちら

 

 

ポイントその1(期間延長)

空港ラウンジ4

当たり前ではありますが、2枚同時に初年度年会費無料のステータスカードに申し込んでしまうと、1年しか空港ラウンジを無料利用することが出来ません。

 

そうではなくやはり賢く活用するのであれば、1年ずらして申し込むこと。そうすれば1年+1年で2年分、空港ラウンジを無料で利用することが可能になります。そして更に3年目以降も・・・と応用させていけば、理論上は永久的に空港ラウンジを無料で使い続けることが出来ます。

 

もちろん1年使って気に入ったステータスカードがあれば、それをそのまま利用していくことが本来であれば健全な方法だということもお忘れなく。是非、色々なステータスカードを試しに使ってみていただいて、自分にピッタリのカードを見つけてみてくださいね。

 

 

ポイントその2(旅行保険付き)

空港ラウンジ5

空港のビジネスラウンジが無料になる以外にも、上記で紹介したクレジットカードには大きな利点があります。

 

それは国内旅行保険と海外旅行保険が自動的に付帯されている点。これは簡単に言うと、旅行中に病気やケガをして病院のお世話になってしまった時に、その治療費などをクレジットカード会社に負担してもらえるサービスのことです。

 

特に海外旅行時に病院のお世話になった際には、当たり前ですが日本の保険は適用されません。国によってはちょっと盲腸で入院しただけで百万円以上もの請求をされる場合もあるため、これらの保険があるのと無いのとでは大違いですよね。更に縁起でもない話ですが、万が一、飛行機事故によってなくなった場合には、遺族に最高1億円もの保険金が下りるケースもあります。

 

また同様に、海外のホテルでお湯を出しっ放しにして階下に水漏れを起こしてしまったという場合や、美術館で服をひっかけてツボを割ってしまった・・・というケースでも、保険金がおりますよ。

 

ほんと初年度年会費無料のクレジットカードを持っていなければ1円も保険金が出ないわけですから、この差は非常に大きい。特に家族がいるビジネスマンの方には大変心強い保険となることでしょう。

 

 

プライオリティパス付きのお勧めクレジットカード(世界で利用可)

 

日本国内の移動だけでなく海外出張や海外旅行が多い・・・という方は、プライオリティパスが無料発行出来るクレジットカードを持つとなにかと便利。世界中の600以上の空港ラウンジが無料で使えるためです。

 

プライオリティパス付きのクレジットカードの中で、お薦めはこの2枚。

 

クレジットカード盤面

楽天プレミアムゴールド

セゾンシティプレミアム

カードの正式名 楽天プレミアムカード セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
空港ラウンジ 世界の600以上の空港で空港ラウンジが利用可能 国内でも19空港で可 世界の600以上の空港で空港ラウンジが利用可能 国内でも25空港で可
初年度年会費 10,500円(年会費) 21,000円(年会費)
その他の特徴 現在、プライオリティパス付きクレジットカードの中で最安。空港ラウンジだけでなく楽天市場での買い物にも便利&高還元率がウリ。 ビジネス向けだがプライオリティパス付きプラチナカードとして国内最安値。コンシェルジュサービス&マイル獲得率も高いので海外に良く行く方向け。
カードの公式サイト/申込先 詳細はこちら 詳細はこちら

 

 

プライオリティパスの年会費よりも安い

空港ラウンジ6

本来、プライオリティパスを自腹で手に入れるために必要なお金は399ドル(日本円にして約35000円前後)。これだけのお金が必要になります。

 

しかし上記で紹介したクレジットカードはともにその価格を大きく下回る年会費で入手可能。そう、プライオリティパスを自分で申し込むよりも、なぜかクレジットカード会社経由でプライオリティパスを申し込んだほうが大幅にお得なのです。

 

上記のクレジットカードを持っている限り、プライオリティパスはいつまでも無料で利用することが可能なので、世界中を飛び回っている方はもちろん、年に1度くらいしか海外にいかないという方も、是非、プライオリティパス目当てでの申し込みを検討してみてくださいね。

 

 

注意点:プライオリティパス付きのカードは他にもあるけど

空港ラウンジ7

プライオリティパス付きのクレジットカードというのは、それなりに存在しますが、注意して欲しいのはプライオリティパスにもいくつか種類があること。

 

スタンダード会員:どこで空港ラウンジを利用しても有料。
スタンダードプラス会員:年間10回までは無料。それ以上は有料
プレステージ会員:無制限で無料

 

と、その条件が大きく異なります。

 

世界中の空港ラウンジを利用したいからといってプライオリティパス付きのクレジットカードを作ったものの、その会員ランクがスタンダード会員ではその都度、入場料金(2010年現在では都度27ドルの費用)を取られてしまうのでは話になりませんよね(^^;)

 

上記で紹介したクレジットカードはともに、無料でプライオリティパスのプレステージ会員になれるサービスが付いていますので、無制限で海外の空港ラウンジを利用することが可能。気にせずどんどん空港ラウンジを利用してしまってくださいね(^^)

空港ラウンジ8

プライオリティパスで利用可能な空港ラウンジのリスト:
プライオリティパスで利用可能な空港ビジネスラウンジのリストは下記の通り。多すぎるので有名どころを抜粋しています(正式名称ではありません)。

 

北京空港 / アムステルダム空港 / バンコク空港 / ドバイ空港 / 釜山空港 / グラスゴー空港 / JFK空港 / クアラルンプール空港 / マカオ空港 / パリ空港 / ミラノ空港 / シンガポール空港 / 上海空港 / シドニー空港 / 台北空港 / バンクーバー空港 / ロサンゼルス空港 / ジャカルタ空港 / バリ空港 / 香港空港 / メキシコシティ空港 / マニラ空港 / ニューデリー空港 など

 

 

低年会費で空港ラウンジを利用可能なクレジットカード

 

空港ラウンジを使うためにクレジットカードを次々申し込むのは嫌だ!という方には、低年会費で使えるゴールドカードをお薦めします。これならわずかな年会費を支払うだけでいつまでも空港ラウンジを無料で利用し続けることが出来るため、各種手続きの必要性が全くありません。

 

当サイトがお薦めする低年会費ゴールドカードは下記2枚。

 

クレジットカード盤面

MUFGアメリカンエキスプレスカード

プレミアムゴールド

カードの正式名 MUFG CARD アメリカンエキスプレス 三井住友VISAプライムゴールドカード
年会費 初年度年会費無料
10,500円
1575円〜5250円(税込)

1年間、年会費が無料!

解説 MUFGが誇るゴールドステージアメリカンエキスプレスカード。安心と信頼を約束するステイタス。当サイトおすすめカードです 三井住友カードが発行している低年齢層向けゴールドカード。残念ながら20歳から29歳までしか申し込みが出来ません。
魅力や特徴 使い方によってはどこでもポイント2倍〜3倍になる優秀なポイント制度が付いています。 WEB明細とリボ払い専用設定を組み合わせることで、年会費をわずか1575円にすることが出来ます。
カードの公式サイト/申込先 詳細はこちら 詳細はこちら

 

 

 

これらの低年会費ゴールドカードのポイント(年会費)

空港ラウンジ9

空港ラウンジを利用するためにかかるお金は通常1500円〜2000円。往復で飛行機を利用する場合には、単純にその2倍のお金がかかることになりますよね。

 

そう、それってこれらの低年会費ゴールドカードを持った場合、クレジットカードの年会費分の出費をわずか飛行機の1往復分の空港ラウンジ利用で取り戻せてしまうということ。更に2往復、3往復と飛行機を利用する方であれば、年会費以上の節約になることは間違いありません。

 

純粋に空港ラウンジを利用するための『入場券』としてゴールドカードを持つことが出来るとも言えますので、空港ラウンジをとにかく安く頻繁に利用したい!という方は、これらの低年会費ゴールドカードを検討してみてくださいね。

 

 

家族カード発行が無料なところも上手く使おう

空港ラウンジ10

これらのクレジットカードがお得な理由その2としては、クレジットカードの家族カードの発行が無料だということ(1枚目のみの場合も、家族カードの詳細はコチラ)。

 

家族カードを配偶者や両親にも持たせてあげることで、実質的に1人だけでなく2人で空港ラウンジを無料利用することも可能。家族旅行や実家帰省などで夫婦で飛行機移動が多い場合には、もはや片道のみの飛行機利用でクレジットカード年会費の元を取ることができます。

 

もちろん家族カードなので、自分がいない場合でも家族会員はちゃんと無料で空港ラウンジを利用することが出来ます。妻が一人旅が好き、息子の卒業旅行に・・・といった使い方もできますね(^^)

 

空港ラウンジ11 空港ラウンジ12


ホーム ESTAとは 登録代行 知って得する 広告出稿