アメリカ入国に必要なESTA(エスタ)の取得方法

エスタ申し込み代行

エスタとは?

ESTA申請は、有料です。

 

2010年9月8日より、全てのビザ免除プログラム参加国(VWP)の渡航者は、運営費および旅行促進法により定められた14ドルのESTA料金を支払わなければなりません。
ご自身で登録することもできます。ご自身で登録する方は、米国国土安全保障省(DHS)の公式サイトをご利用下さい。
ESTAとは、旅行許可を得るための簡単な電子システムです。

 

ESTAは、ビザ免除プログラム(VWP)でアメリカを訪問しようとする旅行者を、事前に調べるオンライン上の制度です。
過去は、アメリカを訪問する人はビザなしで入国ができましたが、2009年1月12日からVWPは各訪問者の身元の調査を強化しようとする米国政府の、国土安全保障省によって行われています。アメリカを訪問するすべての訪問者は、事前にESTAを通じて許可をもらわなければなりません。
なお、ESTAに承認を受けようと思う場合は、電子パスポートとVWPを申請しなければなりません。
VWPを利用する申請者は、ESTAを通じてアメリカに入国する前に、使用できるVWPか確認しなければなりません。

 

ESTAとビザは違います。

 

ESTAは、旅行の許容のための事前委任です。
そのため、米国政府の国土安全保障省は、入国する72時間以内の渡航者は、ESTAを通じて旅行許可の申請を勧めています。

  • VWPに参加している国の国民であること。
  • 短期商用か観光目的であること。
  • 有効なパスポートを持っていること。
  • 米国政府から登録した船舶また航空を使用し、乗り継ぎのため経由の場合は、最終目的地の往復飛行機チケットを持っていること。
  • 90日以内の滞在であること。
  • ESTAの承認を貰うこと。

しかし、ESTAで断られた場合は、米国大使館または米国領事館を通じてビザを申請しなければなりません。ビザ発行には、時間がかかるのでご注意ください。

VWPとは?

ビザ免除プログラム (Visa Waiver Program : VWP)

ビザ免除プログラム(VWP)は、特定の国籍の方が米国に渡航する場合、有効なパスポート、往復または次の目的地までの航空券・乗船券を所持し、渡米目的が短期の商用や観光であれば、ビザなしで米国に90日以下の滞在が可能となるプログラムです。VWP対象国の方はビザを申請することもできます。全ての国がビザ免除プログラムに参加しているわけではありません。また、VWP参加国のすべての方が、ビザ免除プログラムを利用できるというわけでもありません。渡米に際して、ビザ免除渡航者は、電子渡航認証システム(ESTA)で認証され、米国入国地で確認を受ける必要があり、米国国土安全保障省(DHS)のUS-VISITプログラムに登録の必要があります。

 

パスポート要件について

ビザ免除渡航者は、有効な機械読取式パスポート(写真付IDページの下に2行で記号表示があるもの)を所持する必要があります。なお、パスポートの発行日により、下記の条件を満たさなければなりません。

  • 2006年10月26日以降に発行されている機械読取式パスポートは、e-パスポート(IC旅券)でなければなりません。
  • 2005年10月26日から2006年10月25日までに発行されている機械読取式パスポートは、写真付IDページにデジタル写真が貼ってあること。
  • 2005年10月26日より前に発行されているパスポートは機械読取式パスポートであること。
  • 新規VWP参入国(ギリシャ、マルタ、チェコ、エストニア、ハンガリー、ラトビア、リトアニア、韓国、スロバキア)の国籍の方は、パスポートの発効日に関わらず、渡米の際はe-パスポート(IC旅券)を所持すること。

注 : 2009年7月1日より、緊急、臨時旅券を含むVWP参加国発行の旅券は、e-パスポート(IC旅券)でなければなりません。2006年10月26日以降にVWP参加国から発行された緊急、臨時旅券でICチップが搭載されていない旅券(非IC旅券)を所持している渡航者は、渡米に際してビザ申請が必要です。なお、新しくVWP参加国となったチェコ、エストニア、ハンガリー、ラトビア、リトアニア、韓国、スロバキア、マルタ、ギリシャ国籍の渡航者がVWPを利用して渡米する場合は、旅券の発行日に関わらずIC旅券が必要です。ご注意ください。
パスポートの有効期限 : 米国への渡航者は、通常、滞在期間+6ヶ月間有効なパスポートを所持していなければなりません。この6ヶ月ルールが免除される国の渡航者は、米国での滞在期間有効なパスポートが必要です。ビザ免除プログラムを利用して渡米する場合、パスポートの残存有効期間は、米国に入国する日から少なくとも90日必要です。残存期間が90日以下の場合は、パスポートの有効期限日までの滞在期間が許可されます。ビザ免除渡航者が渡米の際、上記のパスポート要件を満たしていない場合、VWPに適したパスポートを取得するか、またはビザの申請が必要となります。

 

ビザ免除プログラムを利用できない場合

有罪判決の有無にかかわらず逮捕歴のある方、犯罪暦(恩赦や大赦などの法的措置がとられた場合も含む)がある方、重い伝染病を患っている方、過去に米国への入国を拒否されたり強制送還された方、そしてビザ免除プログラムで入国し、オーバーステイしたことがある方は、ビザ免除プログラムを利用することはできません。渡米するためには、ビザを取得しなければなりません。ビザを持たずに入国しようとする場合は入国を拒否されることがあります。
注 : 逮捕や有罪に至らないような交通違反の場合は、その他のビザ免除プログラムの条件を満たしていればこのプログラムの利用が可能です。米国滞在中に交通違反を犯し、罰金未払いあるいは法廷審問に出頭しなかったような場合は、逮捕状が出されている可能性もあり、入国審査で問題になることが予測されます。渡米前に管轄の裁判所に連絡をとり、問題を解決しておいてください。裁判所の住所についてはwww.refdesk.comを参照してください。

 

ビザ免除プログラム(VWP)は、現在下記の国籍の方に適用されています。

アンドラ、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブルネイ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、アイスランド、アイルランド、イタリア、韓国、ギリシャ、日本、リヒテンシュタイン、ルクセンブルグ、モナコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェイ、ポルトガル、サンマリノ、シンガポール、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、英国、チェコ、エストニア、ハンガリー、ラトビア、リトアニア、スロバキア、マルタ
ビザ免除プログラム(VWP)の拡大:新規VWP参入国
下記の国が新しいVWP参加国となりました。

  • チェコ、エストニア、ハンガリー、ラトビア、リトアニア、韓国、スロバキア(2008年11月17日より)
  • マルタ(2008年12月30日より)
  • ギリシャ(2010年4月5日より)
  • これらの国籍の方は短期の商用や観光の目的で渡米する場合、下記の条件を満たせばビザなしで米国に旅行することができます。
  • E-パスポート(IC旅券)を所持すること。
  • 電子渡航認証システム(ESTA)により渡航認証が承認されていること。
  • その他のVWPの条件を満たすこと。

知って得する


ホーム ESTAとは 登録代行 知って得する 広告出稿