アメリカ入国に必要なESTA(エスタ)の取得方法

エスタ申し込み代行

2009年旅行促進法

  1. 「はい、私は内容を読み、理解した上でこれらの条項に同意します。」をクリック
  2. 「次へ」をクリック

2010年3月4日、オバマ大統領は、2009年旅行促進法(TPA)、公法番号111-145に署名しました。この法律は、米国国土安全保障長官に対し、ESTAシステムを使用する手数料を定めることを命じます。その内訳は、米国への渡航認証を受けるビザ免除プログラムの各申請者に対し10.00ドルおよびESTA 申請の処理に対し4.00ドルです。ビザ免除プログラムに基づく米国への渡航認証を拒否された申請者は4.00ドルのみ請求されます。手数料はクレジットカードのみで支払うことができます。申請者は、申請データを保存し、支払い情報を入力するために、後日申請書に戻ることができます。しかし、申請書はすべての支払い情報が記入されるまで、処理用に送信されません。

 

警告: 事務管理費は、クレジットカードで支払います。すべての申請者が、ESTAおよびクレジットカード情報を正確に入力することが非常に重要です。情報を誤って入力した場合、申請者は再申請の追加手数料を請求される場合があります。申請を更新しても追加手数料はかかりません。支払いプロセスを完了していない申請者は、米国への渡航認証を受け取ることはなく、米国行きの飛行機または船への搭乗を認められません。申請者が手数料の支払いを停止した場合、米国への渡航認証は取り消されます。CBPは、申請者のクレジットカード会社により請求される追加手数料に対し一切責任を負いません。申請手順で [Apply] (申請する) ボタンを押すことにより、申請者はESTAシステムの使用に対しCBPが請求する事務管理費について異議を唱えないことに同意し、さらに、払い戻しはないことを認めたことになります。

 

 

上記内容を読み、理解したことを示してください。

 

はい、私は内容を読み、理解した上でこれらの条項に同意します。
いいえ、私はさらに説明が必要です。承認を拒否します。

知って得する


ホーム ESTAとは 登録代行 知って得する 広告出稿